AGAの原因・特徴・対策までまるわかり

 

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で薄毛の症状のひとつである「男性型脱毛症」を指します。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。

 

ここで知っておいて欲しいのが、加齢による抜け毛・うす毛とは違うものだということです。
細胞の活性が低下することにより若い頃に比べて髪の毛のボリュームが落ちるのは歳をとれば自然なことですが、AGAは男性ホルモンの乱れが原因なのです。
放置すると症状はどんどん進行します。

 

 

■AGAの原因
髪は成長期、退行期、休止期という一連のヘアサイクルを経て、生え変わることを繰り返しています。
しかしAGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが高濃度にみられ、このヘアサイクルが乱され成長期を短くする原因となっています。
成長期が短くなることにより毛が長く太い硬毛に成長する前に抜けてしまうのです。
十分に育たない細く短い軟毛ばかりが多くなると、頭皮全体のボリュームがなくなりうす毛となってしまいます。
また、ホルモンの乱れだけではなく食生活やストレス、運動不足なども関係していると言われています。

 

■AGAの特徴

 

AGAの特徴として、抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していきます。
人により進行の場所は千差万別です。

 

例えば、前頭部(額)の生え際から薄毛が進行していく症状をM字はげ、頭頂部(つむじ)のてっぺんから薄毛が進行していく症状をつむじはげと呼びます。
しかし、どんなにうす毛になっていてもうぶ毛は残っています。

 

毛包が存在している限り、人間の髪の毛は太く長く育つ可能性が残されてます。
AGAは治療ができます、あきらめる必要はありません。

 

生活習慣の改善でAGAが軽減する可能性もありますが即効性はあまり期待できません。
育毛剤を使用したり、症状が進行している場合はAGAクリニックに行けば個人個人に合わせて対策方法を考えてくれるのでオススメです。。
決して個人の裁量で、内服薬などを購入しないようにしてください。

 

 

自分に合ったものを選ばないと副作用を引き起こしてしまう可能性があります。